再び:リーンなパンはカビないし・コゲない

DSC_0229

5月になって室温が上がってきた。

パンを作る際に,発酵を室温において行っている私には,発酵時間の調整が難しい季節になってきた。

一方,パンの保管は,冬から続いて室温において行っている。

カビ発生などの劣化が起きやすいであろうかと心配していたが,そうでもないようである。

焼いた日から数えて六日目のパン・ド・カンパーニュであるが,今のところ,カビなどの目に見えた劣化はない。少し,水分が減ったかな?という感じはある。

なお,ナイフを入れたのは,五日目である。

DSC_0229
六日目のパン・ド・カンパーニュ

リーンなパンはトーストしてもコゲない。これは,過去記事にもしている(リーンなパンはトースタで炙っても焦げない)。

DSC_0230
奥が生パン,手前が4分トースタでしたもの

このパンは,トーストするよりも生パンのまま食したの方が美味しい。

ちなみに,材料は以下のとおりである。

2016/4/30バージョン_パン・ド・カンパーニュ
パン・ド・カンパーニュ材料表

グラフにすると以下のよう。

パン・ド・カンパーニュ重さグラフ
パン・ド・カンパーニュ重さ

値段は,食パン2斤分ながら,かなり安い。ライ麦粉を使っていないためである。これなら,家で作る価値はある。

パン・ド・カンパーニュ材料費グラフ
パン・ド・カンパーニュ材料費グラフ

*****************
にほんブログ村  と 人気ブログランキング パン作り に参加しています。よろしければ,バナーのクリックをお願い致します。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA