無塩プチパンは「日持ちする『おにぎり』」のようなパンである。

トスカーナ料理店(川越市 estestest)のご主人に「無塩パン」を教えていただいてから,ほぼ,毎週のように作っている。

トスカーナはフィレンツェ観光しただけなので,本場の無塩パンを食したことはないが,なんとなく自己流で作っている。

estestestのご主人のお話では,「トスカーナ料理」は塩辛いものが多いので,パンの味を控えめにするのであるということであった。

一方,志賀勝栄さんの著書「パンの世界」においては,塩は「発酵を抑制する」と記されている(179頁)。

さて,無塩プチパンは便利なパンである。どう便利かというと,簡単に済ませたい昼食に便利なのである。主に,汁物と合わせる。

無塩プチパンとシチューの残り
無塩プチパンとシチューの残り
無塩プチパンは汁に浸す。まずい汁かどうか判別できる。
無塩プチパンは汁に浸す。まずい汁かどうか判別できる。
面倒な時はレトルトカレーと組み合わせる
面倒な時はレトルトカレーと組み合わせる
スパゲティの場合は少し,ソースの水分を多めにする
スパゲティの場合は少し,ソースの水分を多めにする

無塩プチパンはとても安いパンである。2016年3月27日バージョンの無塩プチパンのコストは1個あたり¥14である。

無塩プチパンの重さとコスト(2016年3月27日バージョン)
無塩プチパンの重さとコスト(2016年3月27日バージョン)
無塩プチパン焼成後の重さ(8個分)
無塩プチパン焼成後の重さ(8個分)

そして,パンは「発酵食品」であるから「保存し易い」食品である。スーパーで買う食パンは二日も経つと干からびて青カビが生える。しかし,リーンなパンは一週間やそこらは室温で保管できる。だから,私のパンは冷凍しない。

そして,食べたいときに,そのまま食べる。いつでも食べることができる「おにぎり」のようにである。

無塩プチパンは日持ちするおにぎりのようなパンなのである。そして,「安い!」

**********
にほんブログ村  と 人気ブログランキング パン作り に参加しています。よろしければ,バナーのクリックをお願い致します。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ