間食用 薄力粉の白無花果パン

友人に白無花果パンが美味しいと教えてもらい,自分で作るようになった。

乾燥白無花果をパン生地に入れたパンである。

乾燥白無花果をお店で見て,どうせならと,発酵種も白無花果から起こす。

白無花果発酵種起こし四日目の状態(ほぼ発酵終了)
白無花果発酵種起こし四日目の状態(ほぼ発酵終了)

ドライフルーツの発酵種としては,レーズン発酵種が代表的である。レーズン発酵種を起こすためには,6日間ほどかかるが,白無花果は糖分が多いのか,四日で起こせる。乾燥白無花果が高価であるという問題は,さておき,発酵力もかなり強い。

甘みの強い発酵種なので,薄力粉のパンに適用して,間食用(つまりオヤツ)のためのパンを作る。

薄力粉と白無花果発酵種と乾燥白無花果のパンである。これは,簡単に作れる。

・薄力粉 400 g

・食塩 4.5 g(もしかしたら5 g:最近,配合をメモることもしなくなった)

・白無花果発酵種 65 g

・水 144 g(加水率 52 %相当:143 gに計量したいのであるが,我が家のキッチンスケールでは100 g以上は2g秤量となるため計れない)。

・乾燥白無花果  3個(約50 g)。

焼き上がり。

白無花果パン焼き上がり
白無花果パン焼き上がり

表面は硬そうであるが,全部の焼き上がりの重さを測ってみると500 g以上あった。計算上では,加えた水の12 gしか失っていなかった。つまり,水分は中に閉じ込められている。

平置きしておくと邪魔なので,ざるに盛って一晩放っておいた。

 

DSCN7741
一晩経っても,未だ,表面は硬い。水分はほとんど蒸発していないと思われる。

乾燥白無花果はトルコ産である。トルコは日本よりも,「文化的な先進国」であると考えているが,こういうパンを作れる材料を作れるのだから,やはり,文化は,日本より進んでいる。

****************
にほんブログ村  と 人気ブログランキング パン作り に参加しています。よろしければ,バナーのクリックをお願い致します。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA