パン用発酵種保存瓶のコンタミ防止の合理的な方法はありますか?

DSCN7514

果実パン用発酵種をガラス瓶で種おこしと保存を行っていますが,悩みは,コンタミ防止策です

細菌の知識がないため,我ながら,面倒な工程を組んでいます。

合理的な方法をご存知の方らいらっしゃいましたら,是非,ご教示いただきたく,本記事を投稿致しました。

現状の工程を以下に示します。問題点もご指摘頂ければ幸いです。

写真はジャム用ですが,発酵種用も同じ工程です。

工程1:瓶と金属蓋煮沸 80 °C以上× 10分目安

DSCN7514.jpg
瓶を鍋で煮沸 80°C以上で10分目安

工程2:ザルに引き上げる。

DSCN7516
煮沸が10分経ったらザルに引き上げます。

工程3:熱いうちに直ぐ蓋を締める。

DSCN7518.jpg
瓶が熱いうちに直ぐ蓋を閉めて自然に冷めるのを待ちます。

工程4:瓶が手で触って熱くない程度まで覚めたら,キッチン用アルコールを瓶内部と蓋内側に噴霧しています。消毒用アルコールを使いたいところですが,キッチン用アルコールより高いので,使わずにいます。直ぐに蓋を閉めて,そのまま保管しています。

DSCN7519
キッチン用アルコールを瓶内部と蓋に噴霧しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA