パンの本:武器よさらば〜ヘミングウェイ〜(食パンとロールパンおよびプチパン)

DSCN7411

アーネスト・ヘミングウェイの『武器よさらば』は第一次世界大戦におけるイタリアとオーストラリアの西部戦線が舞台だ。

高校生の時の三十年以上前に一度読んでいるが,その頃の私は,やたらと,パンとチーズを食べて,ワインやブランデーを呑んでいることしか覚えていない。

しかし,ある一冊の本『第一次世界大戦 忘れられた戦争 (講談社学術文庫)』を読んで,再読しようと思った。再読しても,やはり,食べて・呑んでいる。

しかし,今の私にとって,『武器よさらば』は「パンの本にもなった」。

ネタバレはつまらないから,とても印象になった箇所のみを引用する(光文社古典新訳文庫に基づく)。

1.主人公の恋人キャサリンが主人公フレデリックにいう台詞

「スイス領に入ったんなら,思いっきりぜいたくな朝食を食べましょう。スイスにはとびっきりのロールパンとバターとジャムがあるんだから」

2.キャサリンとスイスのカフェのおばさんの会話(朝食時)

キャサリン:「ロールパンとジャムとコーヒを」

おばさん:「申し訳ありません。戦争中はロールパンはないんです。」

キャサリン:「じゃあ,食パンを」

*******************

私も食パンを焼こうと思って,色々試した。最後に焼いたのは2015年の12月18日である。

IMG_3340.jpg
最後に焼いた食パン(2015/12/18)

2016年になってからは,なぜか,食パンを焼いていない。別に,上の会話が影響しているわけではないが,

なぜか,型焼きの四角い,日本で一番メジャーな食パンを焼く気になれいない。それなので,代わりにプチパンを何度か焼いている。8回も焼いている。

DSCN7376 DSCN7378
DSCN7382 IMG_3562
DSCN7411 DSCN7475.jpg
DSCN7487.jpg DSCN7529.jpg

食パンについては,色々と書きたいこともある。そのうち,書くと思う。

*****************
にほんブログ村  と 人気ブログランキング パン作り に参加しています。よろしければ,バナーのクリックをお願い致します。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA