パンの実験:パン・ド・カンパーニュ室温保存はいつまで可能か(9日目)

2016年2月5日に焼いたパン・ド・カンパーニュ。今までなら,スライスして冷凍庫に入れてしまっていた。

ふと,思い立って,キッチンの小ささパントリーの中で室温保存して,食すたびに必要な分をスライスしている。この記事を書いているのは2016年2月13日。9日目である。

DSCN7481.jpg
室温保管のパン・ド・カンパーニュ9日目

スライスして食すと少し,パサパサしているが,オーブントースターで3分も炙ると,水分が抜けて食べやすくなる。

パンはもともと,保存食である。そんな簡単には,カビたりはしないであろうと思う。食べきるのが先か,食せないほど劣化するのが先か。

***************
にほんブログ村  と 人気ブログランキング パン作り に参加しています。よろしければ,バナーのクリックをお願い致します。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


パン・お菓子作り ブログランキングへ

リーンなパン(その49:白無花果発酵種とルヴァン種の白無花果プチパン)

材料:

強力粉:300 g

薄力粉:100 g

ルヴァン種(リキッドルヴァン):30 g

ドライ白無花果(トルコ産):60 g

白無花果発酵種:45 g

塩:6 g

水:208 g(加水率63 %相当)

一次発酵:室温(15〜16°C)× 20 h(他のことをやっていて少し長くなってしまった)。

二次発酵:室温(約25°C)× 2 h

DSCN7474
白無花果発酵種とルヴァン種の白無花果プチパン焼成前

焼成条件:230 °C × 20 min

DSCN7475.jpg
白無花果発酵種とルヴァン種の白無花果プチパン焼成前

焼いてから二日後でも,まだしっとりしている。

DSCN7479.jpg
白無花果プチパン焼成二日後の状態

***************
にほんブログ村  と 人気ブログランキング パン作り に参加しています。よろしければ,バナーのクリックをお願い致します。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


パン・お菓子作り ブログランキングへ